ダスキンおそうじベーシック3 口コミ・評判

「あー、部屋の掃除、めんどくさーい」
「ホコリまみれになったモップを触りたくないなぁ」
「ペットの毛が部屋のあちこちに降り積もってて、気が滅入るー」

 

などなど、毎日の部屋の掃除がやだなーって考えている主婦は、きっとたくさんいると思います。もしかしたら、あなたも、日々の掃除をもっとラクに出来ないかって、良い方法をお探しなのかも知れませんね。

 

ダスキン ベーシック3

 

◆ダスキンレンタル商品◆お試しキャンペーン実施中!◆

 

当サイトは、ダスキンのベーシック3を使ってみた体験談を掲載しています。お掃除をもっとラクにしたいなーってお考えのあなたに、何かの参考になれば幸いです。

 

 

値段は月1,890円でレンタル専用 4週間無料お試しが可能

 

ダスキンのベーシック3は、レンタル専用。

 

購入はできません。モップに染み込んでる吸着剤が特徴なので、ずっと使っていると吸着力が落ちてくるんですよね。

 

ベーシック3のレンタル費用は月々1,890円。うちは、長いモップ(ララ)と、スマートクリーナーだけを使って、月額を安く使っています。いまのところ十分。

 

解約やレンタル品の変更は、担当者に伝えるかコールセンターに連絡すればOKです。
関連)ダスキンモップの解約方法

 

4週間無料でお試しできます。お試しなので、気に入らなければレンタルしなくてOK。家中ピカピカにしてお金払わない…ってちょっとズルイ?

 

ダスキンモップの安全性 吸着剤は、人やペットに無害で赤ちゃんにも安心

ベーシック3は、吸着力高くて便利。でも、吸着剤って人体に影響ないの?すっごく気になりました。

 

公式サイトには、「人やペットに無害」とありました。なめてもOKってありますが、さすがになめないですね。

 

 

赤ちゃんに対しては、スマートクリーナーが-けっこう「グォー!」とうるさいので、赤ちゃんが寝てる環境では使いにくいというのはあります。

 

フローリングやトイレの床に強い 畳やコルク、無垢材の床は苦手

 

ダスキンベーシック3が得意な場所は、コーティングされたフローリングやトイレの床。

 

玄関やベランダにも使えますが、砂などを吸着した直後に床を掃除すると砂で床が傷つくこともあるので要注意です。

 

畳やコルク、無垢材の床は、モップの吸着剤が染みこむ可能性があるので避けたほうが良いでしょう。

 

ダスキンおそうじベーシック3 口コミ 利用者の声(ブログ)

おそうじベーシック3をレンタルした方の、ブログでの感想を集めました。

 

母子
ダスキン『おそうじベーシック3』お試し | 桂由利香の子育て情報ブログ

 

モップは無音で寝てる子供を起こさない、産後の抜け毛の掃除に良いとのこと。
モップの頭部分がクイックルワイーパーと違って丸いので、コーナーのホコリも取れる、なるほど。

 

掃除機
ダスキンのおそうじベーシック3を利用してみる。 - 週間ダイジェスト+

 

掃除機かけたあとも、足にホコリがついてたのが、モップがけすることで解消されたとのこと。
使い勝手は良いけど、フルセット借りると1,890円/月とお高め。同感です。

 

室内飼いの猫
ダスキンのレンタルモップを利用した体験談 - 寿堂

 

猫の抜け毛対策にレンタルされたそう。
掃除しても、ホコリや毛が舞い上がらない点を評価されてました。
これは、べとつかないダスキンの吸着剤が優秀ってことなんですね。

ダスキンおそうじベーシック3 私のレビュー

当サイト管理人は、夫婦で購入したばかりのマンションをせっせと掃除している主婦です。最初は掃除も楽しかったんですが、1年、2年と経つうちに、だんだんイヤになってくるんですよね。なんせ、毎日ですから。

 

夫はカンペキにやらなくていいよって言うんですが、なんだか自分が怠け者みたいに思えてしまって。

 

今日はもう、ダメッ!ってときは、モップで床を掃除して、家具をかる~くハンディモップで掃除する程度なんですが、大きなゴミをちりとりで取ったり、モップのホコリを手で取るのが、もう本当にめんどくさくって。

 

でも、世の中には、同じような悩みを抱えてる人がいるんでしょうね。ある日、こういうCMを見かけました。

 

 

観月ありささんが、スタイリッシュに部屋をお掃除するっていう、ダスキンのCMです。

 

そんな素敵奥様、現実にはいないよ!って言いたくなるんですが、モップのゴミを吸い取る、電動ちりとりみたいなのに惹かれたんですよ。

 

600円で一ヶ月お試しできるっていうんで、使ってみました。

 

ダスキンベーシック3が届く ララとシュシュとスタイルクリーナーの3つ

 

ネットで申し込みすると、担当の方が届けてくれました。

 

おそうじベーシック3

 

フロア用のモップ「ララ」

 

モップのララ

 

ハンディモップの「シュシュ」

 

ハンディモップのシュシュ

 

電動ちりとりの「スタイルクリーナー」

 

スタイルクリーナー

 

3つあわせて「おそうじベーシック3」というわけですね。

 

おそうじベーシック3のポイント

 

アレル物質(ダニ・花粉)を約96%抑制

モップに取り込んだホコリに含まれるアレル物質を包み込んで抑制、つまり、モップに取り込んだ後に部屋中にアレル物質をばらまいたりしないってことですね。96%っていう数値は、ELISA法でアレル物質量を計測しています。

 

極細パイルに独自の吸着剤加工でホコリを包み込んで離さない

吸着剤加工のモップって、一定期間使うと吸着剤を補充したり、パイル(モップの毛)をクリーニングしないといけないんですが、その分、吸着力が抜群。サッと拭くと、ホコリがゴソッととれるのは気持ちいいです。

 

そのモップから手でホコリを取る…なんてことをすると、台無しなので、電動ちりとりの「スタイルクリーナー」で、しっかり吸い取りましょう。

 

600円でお試しできる

ほんとは無料でお試しできたらしいんですけどね、まあ、600円なら許容範囲ですね。

 

ララとシュシュで掃除 吸着剤付きの大小モップに、固定式の吸い取り式ちりとり

床用のモップ「スタイルフロア ララ」で床を掃除してみます。

 

モップの毛

 

モップの毛の長さがあるので、ある程度大きなゴミから、毛、ホコリまで掃除できます。吸着剤が効いてるのか、面白いようにゴミがモップにくっつきますね~。

 

細かいゴミがびっしりとモップにくっつくと、ちょっとこう…気持ち悪いくらいです。

 

これは、電動ちりとりの「スタイルクリーナー」必須ですね。ちょっと、このモップから手でホコリとるのはありえないなぁ~。あ、普通に掃除機で吸ってもいいかも知れないですね。

 

狭い隙間や、テレビや家具の上なんかは、スタイルハンディ「シュシュ」で掃除していきます。

 

モップで床掃除

 

こちらも吸着剤が効いてますねー。

 

ホコリの積もった隙間にシュシュを差し込んで、引くと面白いようにホコリがくっついてきます。

 

そして、モップにくっついたホコリはなかなか取れないんですね。

 

スタイルクリーナーの、パイプ部分を外すと、ミニ掃除機みたいになるので、それでシュシュのホコリを吸い取ります。パイプの先は、短いクシみたいになってるとので、これでホコリをこそげとる感じなんですね。

 

特に、ホコリ系のゴミの取れっぷりがいいですね。パッと見た感じ、モップに吸着剤なんてついてるようには見えませんが、直接触ったりするのは避けたほうがいいと思います。

 

お掃除ベーシック3は、クイックルワイパーよりも数段使える?

「モップをわざわざレンタルするなんて、そんな大げさなことしなくてもいいんじゃん?」
当サイト管理人はそう思ってました。

 

だって、いままでモップなんかなくたって、掃除出来てたし!

 

しかし、魔が刺したといいますか、
たまたま無料お試しができるキャンペーンをやってまして、
「タダの期間だけ使いまくって、すぐ返してやろう」
と思ったらハマッちゃったんですよね。

 

  • 掃除中、クイックルワイパーみたいにモップの首がグキッ(笑)とならない
  • 怖いほど毛ぼこりが取れる
  • スマートクリーナーでゴミを吸わせるのが快適すぎ

 

関連)ダスキンモップ並みのモップ クイックルワイパーで代用できる?

 

やばい、これ、セレブな奥様の掃除道具だ。

 

なんか、モップ掃除がめんどくさくないんですよ。
めんどくさくないように、色々考えられてます。

 

立てておいても絵になるシルエットのスタンド

引き抜いてすぐ使えて、めんどくさくない!

 

少しリーチ長めのモップ

移動距離が最小で、めんどくさくない!

 

モップについたゴミをスマートクリーナーで吸わせる

しゃがんだり、モップを素手で持たなくて良いので、めんどくさくない!

 

終わったら、モップをスタンドに突っ込むだけ

最後まで、めんどくさくない!

 

超便利なんですが、ダメ主婦になりそうな気がします(笑)
もう昔には戻れない…かも。

 

もちろん欠点もあって、和室の畳には使えないんですよ。
モップのフローリングをテカテカにする成分が、畳には合わないんですね。

 

だけど、それ以外は気に入って、
当サイト管理人は、モップ掃除の楽さにすっかりやられてしまいました。

 

ダスキンめ…。

 

けど、セットで月に1,890円は高かった…。
結局、3点セットじゃなくて、スマートクリーナーと長いモップの2点セットにして、なんとか1,500円以下にしました。(せこい?笑)

 

おそうじベーシック3のレビューを書きましたので、よろしかったらチェックしてみてね。

おそうじベーシック3のお試し期間終了!スマートクリーナーとモップ大だけで本レンタル

おそうじベーシック3は、お試し期間を過ぎても、
担当の人からの連絡がいっこうにありません。

 

それをいいことに、使いまくりました。

 

一ヶ月くらい使ったかな。

 

モップはもう、ホコリまみれの真っ黒クロスケ。
全然連絡来ないから、きっと忘れちゃってんじゃないかな。

 

じゃあ、もうこのままもらっちゃうぞ。

 

…と悪いことを考えてたら、ついに、担当の人から連絡が。
忘れてなかったか…。

 

しかし、その頃には、ダスキンモップのない生活など、
私には考えられなくなっていたのです。

 

やめて!私のダスキンを持って行かないで(笑)

 

掃除嫌いの主人でさえも、
「ちょっとソウジするかな」
なんていって、ダスキンモップでサッサッ。スマートクリーナーで吸わせてグォー。

 

「よし、キレイになった」
なんて言ってるぐらい。
掃除してる感覚があまりないのにキレイになってるってのが嬉しいみたい。

 

そして、うち担当のダスキンの人がやって来ました…。

 

結局、「おそうじベーシック3」はレンタルしませんでした。

 

フロアモップ、スマートクリーナー、ハンディモップのうち、
ハンディモップは全くといっていいほど使わなかったんですよ。

 

そこで、「スマートクリーナー」と「フロアモップ」(モップ大)だけをレンタルすることにしました。

 

ダスキン おそうじベーシック3 口コミ レンタルモップの評判

 

初回は現金精算。次回以降はカードからの請求が出来るとのことで、カード支払いにしてもらいました(ポイントたまるし)。

 

ハンディモップは、もう少し長く伸びて、90度クビが折れるタイプなら良かったんだけどなぁ。照明器具の天井側のホコリなんかは、市販の「伸びて90度折れる」ホコリ取りで対応しようと思います。

 

ところで、真っ黒になったモップが、新しいものに交換される瞬間は、かなり嬉しいですよ。

 

ちなみに、交換日に不在にしていると、モップ部分を袋に入れて、玄関のドアノブにかけておいてくれます。
関連)ダスキンモップ交換日に不在だったら!?

 

帰宅した主人は新しいモップを見て
「あっ!新しくなってる! ウッホ~!」
とか言いながら、スーツ着たまま廊下をシュッ!シュッ!って
やり始めたくらい。

 

最初は、「ダスキン? そんなのいらないだろ」
って言ってたのにね。

 

ダスキンのお試しは危険です。
試すとついつい使いたくなっちゃいます。

 

もしかしたら、引取りが遅かったのも、ダスキンなしでは生きられない体にするためなのかも…(笑)

 

クレジットカード払いにしたらダスキンのスポンジもらえた!

キャンペーン中だったからかな?

 

クレジットカード払いに切り替えたら、スポンジくれたんですよ。

 

これです。
ダスキン おそうじベーシック3 口コミ レンタルモップの評判

 

ダスキンのスポンジって、なんだか評判良かったんで、試してみたいなと思ってたんですよ。

 

どのへんがいいのかな?ってウラの説明を読んでみると…。
ダスキン おそうじベーシック3 口コミ レンタルモップの評判

 

  • 少し縦に長いのでコップが洗いやすい
  • 三層構造で、外側2層は丈夫な材質で長持ちする
  • 真ん中の層は泡をキープしやすくて洗剤の節約になる
  • 外側2層は乾きやすくて衛生的

 

なるほどー! よく考えられてるね。

 

…はっ!? これは、オマケでわたしておいて、スポンジが切れたらダスキンから買わせようという作戦なのかしら…。

 

ダスキンは、モノがいいから気をつけないとね…。

ダスキンベーシック3の概要

ダスキンでレンタルできる、モップセットです。

 

床モップ、すきま用ミニモップ、ほこり吸い取り器をセットで「おそうじベーシック3」と呼ばれています。

 

バラでレンタルすることも可能。うちは、床モップとほこり吸い取り器(スマートクリーナー)のみレンタルしています。

おそうじベーシック3セットだと、お得1,890円/月 バラでレンタルも可能

項目 内容
セット内容

長モップ(フロアモップ ララ)、ハンディモップ(スタイルハンディシュシュ)、ほこり吸い取り機(スタイルクリーナー)の3点セット
電話、申込用紙郵送でも可能。

料金

おそうじベーシック3セットで、一ヶ月 1、890円。おためしキャンペーン中は4週間600円で試せるようです。

申し込み方法

ウェブから申し込むと、お試しが出来ます。いきなりレンタルも出来ますが、9割以上の人がお試ししているそうです。
電話、申込用紙郵送でも可能。

支払い方法 担当者訪問時に現金支払いか、クレジットカード支払い
モップ交換タイミング 4週間
モップ交換時の対応 玄関先でモップを渡すと、その場で新しい「毛」を付け替えてくれます。留守で対応できない(8割以上が留守だとか)場合は、モップの「毛」を外して袋に入れ、玄関先にかけておけば新しいのを置いていってくれます。
その他かかる費用 スマートクリーナー用の紙パック費用がかかります。(1個約150円)
色のバリエーション レッドまたはグレー(見た目はほとんど黒)

 

スタイルハンディシュシュ(ハンディモップ)、スタイルフロアララ(長モップ)、スタイルクリーナー(ホコリ吸い取り機)の3つがセットになっています。下のレンタル価格は、バラでレンタルしたときの値段です。

 

スタイルハンディシュシュ 吸着剤モップ(小) 864円/月

レンタル価格 4週間 864円(税抜き800円)
モップサイズ 約10 x 17cm
ハンドルサイズ(2段階)

最長 約44cm
最短 約34cm

カラー レッド/グレー
その他

収納ケースあり
アレル物質(ダニ・花粉)抑制成分配合

 

スタイルフロア ララ 吸着剤つきモップ(大) 1,026円/月

レンタル価格 4週間 1,026円(税抜き950円)
モップサイズ 約14.8 x 36.1cm
ハンドルサイズ(2段階)

最長 約116cm
最短 約77cm

カラー レッド/グレー
その他

収納ケースあり
アレル物質(ダニ・花粉)抑制成分配合

 

カラーの組み合わせは「シュシュ」と「ララ」で、「レッド・レッド」「グレー・グレー」という組み合わせしかできないみたい。「シュシュはグレーで、ララはレッド…」なんてことは不可なんだそうです。

 

スタイルクリーナー 固定式吸い込み機(電気ちりとり) 575円/月

レンタル価格 4週間 575円(税抜き533円)
サイズ 高さ 48.6 x 横20.4 x 奥行き 23.6cm
重量

約3.2kg

原産国 中国
電源方式

AC100V 50/60Hz共用

消費電力

350W

集じん容量

0.9L

使用周囲温度

0度~40度

コードの長さ

3m

 

スマートクリーナーは中国製ってことで、機械の寿命が気になります。が、壊れたら交換してもらえる(追加費用なし)ので、気が楽かな。

 

ダスキンのレンタルモップの口コミ

ダスキンベーシック3は、大小のドライモップとホコリ吸込み機(スマートクリーナー)のセット。

 

  • スタンド型なので、思い立ったら1秒後に掃除開始
  • ホコリや毛の吸着力が高いモップ
  • スマートクリーナー使用で、かがまず、触らずゴミを処理

 

モップには、専用の吸着剤が染み込んでいるため、毛やホコリが笑うくらいくっつきます。

スタンド型のモップで、見栄えも良く1秒で使える

もし家にモップを置くとしたら…
掃除用具入れとか、洗面所の目立たないところに隠すように仕舞うと思うんです。

 

そこを、見栄えの良いオブジェのような形にして廊下に出しっ放しにできるようにしたダスキンは秀逸。
モップ大小とスマートクリーナーも、出しっぱなし前提のデザインなんですよね。

 

「あっ、ゴミが落ちてる…」
と思ったら、1秒でサッとモップで絡めとって、
スマートクリーナーにグイーンと吸わせます。

ホコリや毛ぼこりの吸着力が高いモップ

私はレンタルするまでは、クイックルワイパーでいいじゃない…安いし…
って思っていました。

 

ところが、ふわふわの毛ぼこりを完全に吸着するんですよね。

 

ホコリをモップで取ったあと、別の場所に移動してる間にモップからホコリがはがれてフヨフヨと空中を漂う…ということがありません。

スマートクリーナーで、手も汚れず腰も痛くならない

今回のレンタルで予想外に素晴らしいと思ったのがスマートクリーナー。

 

ホコリを取ったモップは、スマートクリーナーの口にグイーン!と吸わせてホコリを吸い取るんですね。
スマートクリーナーは出しっぱなし前提なので、コードなどをつなぐ手間もなく、ボタン一発で吸い込み開始。

 

手間がいらないので、掃除のハードルが下がるんですよね。

 

屈んでホコリ処理しなくていいので、腰にも優しいし、汚れたモップ部を直接触らないのでても汚れない。

 

スマートクリーナーのチューブ部は、ガコッと外れるので簡易掃除機としても使えます。

 

素晴らしいです。

 

ダスキンベーシック3のデメリット

ダスキンベーシック3は素晴らしいのですが、デメリットもあります。

 

  • 畳や無垢材の床には使えない
  • スマートクリーナーの音は予想外に大きい
  • ハンディモップの使用頻度が意外と少ない

 

畳や無垢材の床には使えないので、和室が多い家には向かないかも

ベーシック3のモップは吸着力抜群ですが、畳や無垢材の床などには使えないのがデメリット。

 

畳>

 

和室が多い家や、無垢材をふんだんに使った床には使わないほうが無難です。吸着剤が染み込んで、汚れる可能性があります。(畳についた吸着剤が、汚れを吸着してしまう)

 

我が家では、「かがまず掃除できる」「モップについたゴミを手で取らなくて良い」という点に大きなメリットを感じましたが、「クイックルワイパーで十分」「かがむのは苦にならない」というかたは、レンタルするメリットを感じないかもしれませんね。

スマートクリーナーの音は予想外に大きいので、夜中に使うのはためらう

便利なスマートクリーナーですが、稼働時の音は大きいです。
「グォォオーン!」
近くでは会話ができないほどの騒音です。

 

掃除機と同レベルくらいだと思います。
夜中に使うと近所迷惑になるかなって感じ。

 

うちでは、夜中にゴミを発見したらモップで吸着しておいて、くっつかない大きめのゴミはスマートクリーナー前に寄せておいて、
朝になったらスイッチを入れてグォーん!と吸い込ませるというルールにしています。

ハンディモップの使用頻度が意外と少ない バラレンタルで対応

3つの掃除道具のうち、ハンディモップの使用頻度が我が家では少なめでした。

 

モップ大は1ヶ月で真っ黒になるのに、ハンディモップは綺麗なまま。

 

各家庭の掃除のやり方にもよるんでしょうが、うちでは「ハンディモップは大掃除のときだけでもいいかも…」ってくらいの使わなさ。

 

そこで、うちはレンタルモップ大とスマートクリーナーのみの2つだけをレンタルすることにしました。

 

意外と柔軟に対応してくれるんですね。